• 石川尚寛(Naohiro Ishikawa)

知恵を身につけ、神さまを信じる道をまっすぐ進みなさい。大酒飲みや大食いとつき合ってはいけません。箴言23:19-21

旧約聖書の箴言から、次の言葉を紹介します。


箴言 23:19-21

19‐21 知恵を身につけ、神さまを信じる道をまっすぐ進みなさい。大酒飲みや大食いとつき合ってはいけません。そんなことをしていると貧乏になるばかりです。おまけに怠けぐせがついて、ろくな物も着られなくなったらどうするのです。


この言葉を紹介した目的は、私自身のことが書かれているからです。


大酒飲みや大食い


まさに、自分のことです。

私は今年に入って、お酒を飲んだ日は、合計で10日ほどですが、

この10日は、普通の人の10倍以上飲んでいるので、100日といってもいいでしょう。

つまり、1年の3分の1に相当する日数分の酒を、もう飲んでしまっています。


3年前までは、毎日ワインのボトルを1本は最低空けていました。

それをずっと続けてきたので、この聖書の言葉は、身にしみます。


聖書では、


そんなことをしていると貧乏になるばかりです。おまけに怠けぐせがついて、ろくな物も着られなくなったらどうするのです。


と、書いてあります。

確かに、酒で相当なお金を消費してきました。

酒だけでなく食べ物、タクシー代、旅行、温泉、ホテルなどなど

とにかくお金が消えました。


怠け癖も身にしみます。

毎日酒を飲みすぎると、だんだんと体がだるくなり、

朝がすごく弱くなります。


気合いで、起きていましたが、

顔色は悪く、口臭は酒や胃酸の匂い、

動きは鈍く、頭の回転も悪い。

こんな状況でまともな仕事ができるわけがありません。


我ながら酷いものです。

毎晩飲んでいるから、自己啓発もできるわけがない。


だから、毎晩勉強をしている人に勝てる訳が無い。


聖書に書かれている、付き合ってはならない人とは、まさに自分のことです。

最近、お酒を飲みたくなることがよくあります。


でも、飲めば逆戻りです。

今は、聖書に従うことを最優先しようと思っています。


「神さまファーストの問題解決」アマゾンで発売中です。

ぜひ、オススメです。

https://amazon.jp/dp/B07R1PKBFC




最新記事

すべて表示

私の眠り方 数珠を使って「アーメン、ハレルヤ」 私は寝つきが良くありません。睡眠導入剤をなるべく使わないようにしていますが、 頭がさえて眠れそうにないと思った時は、睡眠導入剤を使います。 しかし、薬を飲んですぐに眠れるかというと、これが結構難しく、 薬に慣れてしまうと、浅い眠りで何時間も過ごす事が逆に苦痛に感じたりもします。 そこで私は、指で数を数えるように「アーメン、ハレルヤ」を唱えるようにしま

旧約聖書「モーセ五書」を誰にもわかりやすく簡単に モーセ五書はとても難しいです。 しかし、毎回読むたびに新しい気づきや発見が得られる不思議な書だと思います。 ここに613の戒律を引用して記します。 戒律は613あります。(ウィキペディア 「613のミツワー」) https://ja.wikipedia.org/wiki/613のミツワー マイモニデスの列挙する613の戒律と聖典中のそれらの出所:

私は、行き詰まった時に、「アーメン、ハレルヤ」と心の中で何回も唱えます。 アーメンとは、「その通りです」という意味です。 ハレルヤとは、「神の栄光をたたえます」という意味です。 行き詰まった時以外にも、この言葉を繰り返して唱えています。 苦境の時、早くその状況から抜け出したいわけですが、 今その状況にあることを「アーメン(その通りです)」と唱えることで、 どこかスッキリした気分になります。 そして