• 石川尚寛(Naohiro Ishikawa)

旧約聖書モーセ五書「創世記」の面白いところ

旧約聖書「モーセ五書」は、文字通り5つの書があります。

第一の書「創世記」

第二の書「出エジプト記」

第三の書「レビ記」

第四の書「民数記」

第五の書「申命記」


今回は、ベレーシート(創世記 Genesis 第1章1節から第6章8節まで)から面白いところを一つ書きます。


絵巻 旧約聖書 モーセ五書「創世記」新版第1巻 ベレーシート

Parashat Bereshit בְּרֵאשִׁית ― Hebrew for "in a beginning,"(創世記 Genesis 第1章1節から第6章8節まで)天地創造、アダムとエバ、失楽園、カインとアベル など

Apple Booksでの詳細はこちら:https://books.apple.com/us/book/id1551531425

Amazon Kindleでの詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/B08QTY53H7/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_iM-cGbB04ZZCZ

YouTubeでのご視聴はこちら:https://youtu.be/uSZNmwBzkH0


創世記は、天地創造の物語から始まります。いきなり引き込まれる文章が続きます。


1:1 はじめに神は天と地とを創造された。


最初に、天と地を造られたのですが、光を創造されるされる前の状況が書かれてあります。


1:2 地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。


形なく、むなしい状況は、迷える人の心の状況そのものだと私は思いました。


1:3 神は「光あれ」と言われた。すると光があった。


私は、この神言葉「光あれ」を思い起こして迷走し、ハレルヤ「神の栄光」を讃える時に心の落ち着きが得られます。





最新記事

すべて表示

ハレルヤ(ヘブライ語: הללויה‎‎、)は、ヘブライ語由来の言葉で、「ヤハウェをほめたたえよ」の意 いろいろな瞑想法があります。その中で、マントラ瞑想というのが多く行われています。 マントラとは、インドで真言のことで、その言葉を唱えると神秘的な体験が得られるといったものです。 仏教の念仏や唱題も似たものだと思います。 私は、「ハレルヤ」を心の中で念じるように心がけています。 朝も、昼も、寝なが