• 石川尚寛(Naohiro Ishikawa)

旧約聖書「モーセ五書」を読むと何が得られるのか?

旧約聖書「モーセ五書」を読むと何が得られるのか?

旧約聖書「モーセ五書」は、読むと何が得られるかについて私の考えを述べます。

結論は、多くの信仰の迷いから解き放たれて、創造主の元に帰ることが出来ると思います。

あれこれ頭の中で考えることから解放されて、

ただ宇宙万物を創造された神のみを信じることで、大きな安堵感が得られます。

モーセ五書に記述された神は、みだりに神の名を唱えてはならないと厳しく戒めています。

そして、神を讃えるものは祝福され、神を呪うものは呪われると書かれてあります。

私たちは、一心に、「ハレルヤ」と神を賛美することが出来ます。

私は眠れない時や、迷った時、落ち着かない時など、

「ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ・・・」と神を賛美します。

そうすることで、いつの間にか落ち着きを取り戻すことが出来ます。

旧約聖書「モーセ五書」を読むと何が得られるのか?

私の結論は、心の平和と幸福を得ることが出来るです。

最新記事

すべて表示

ハレルヤ(ヘブライ語: הללויה‎‎、)は、ヘブライ語由来の言葉で、「ヤハウェをほめたたえよ」の意 いろいろな瞑想法があります。その中で、マントラ瞑想というのが多く行われています。 マントラとは、インドで真言のことで、その言葉を唱えると神秘的な体験が得られるといったものです。 仏教の念仏や唱題も似たものだと思います。 私は、「ハレルヤ」を心の中で念じるように心がけています。 朝も、昼も、寝なが