• 石川尚寛(Naohiro Ishikawa)

出版できました。民数記第十巻

おかげさまで今日から発売開始となりました。


Amazonでこの商品を推薦したいと思います<BR><BR>絵巻 旧約聖書 モーセ五書「民数記」新版第10巻 マセエー: Parashat Masei מַסְעֵי ― Hebrew for "journeys,"(民数記 第33章1節から第36章13節まで)エジプトを出てからの旅路、イスラエルの嗣業の土地、レビ人の町、のがれの町、相続人が女性である場合のおきてなどについて書かれてあります。<BR>Amazon Services International, Inc.による<BR>詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/B09B3DCM85/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_9MFGJ9GV1X2B8HQPSHNK


今朝は、気の重い中で、あまりにも気が重かったので、今日の計画後に、50分間二度寝をしました。

それから、英語版の動画チェックをしながら、

出版原稿の修正を行い、午後1時半には、全ての出稿、動画アップロードが完了しました。


その後に、バイク🏍で、海まで行って散歩して、

家に帰ってから、もう一度近所の公園を散歩して、

公園のベンチに座って、木を眺めたりしたのですが、


民数記が全十巻揃うことが出来て、嬉しいです。

来月の中旬から申命記の制作に入ります。


最新記事

すべて表示

ハレルヤ(ヘブライ語: הללויה‎‎、)は、ヘブライ語由来の言葉で、「ヤハウェをほめたたえよ」の意 いろいろな瞑想法があります。その中で、マントラ瞑想というのが多く行われています。 マントラとは、インドで真言のことで、その言葉を唱えると神秘的な体験が得られるといったものです。 仏教の念仏や唱題も似たものだと思います。 私は、「ハレルヤ」を心の中で念じるように心がけています。 朝も、昼も、寝なが