• 石川尚寛(Naohiro Ishikawa)

今日のワーク のがれの町の編集

今日は民数記第十巻の制作ワークをしておりました。

殺人罪に関するおきてで、過失の場合は、復讐者から、殺人者を守る6つののがれの町について編集しておりました。

今日も夏バテ防止のため、90分の夜ワークは自粛しました。


話変わりますが、最近、洋服を直しに出しております。

眠ってるお気に入りの洋服を直していただくのですが、

コストも微妙なところで、捨てた方が安上がりなこともありますが、

お気に入りなので、捨てるに惜しく、

かと言って、直さないと気になるしと、タンスに眠る服。


新しい服にはない、思い入れと思い出がある服。

もう、年になると、いくらボロくても、お金に変えられない歴史物として、

思い入れののある服は捨てられないなと思います。




最新記事

すべて表示

私の眠り方 数珠を使って「アーメン、ハレルヤ」 私は寝つきが良くありません。睡眠導入剤をなるべく使わないようにしていますが、 頭がさえて眠れそうにないと思った時は、睡眠導入剤を使います。 しかし、薬を飲んですぐに眠れるかというと、これが結構難しく、 薬に慣れてしまうと、浅い眠りで何時間も過ごす事が逆に苦痛に感じたりもします。 そこで私は、指で数を数えるように「アーメン、ハレルヤ」を唱えるようにしま

旧約聖書「モーセ五書」を誰にもわかりやすく簡単に モーセ五書はとても難しいです。 しかし、毎回読むたびに新しい気づきや発見が得られる不思議な書だと思います。 ここに613の戒律を引用して記します。 戒律は613あります。(ウィキペディア 「613のミツワー」) https://ja.wikipedia.org/wiki/613のミツワー マイモニデスの列挙する613の戒律と聖典中のそれらの出所:

私は、行き詰まった時に、「アーメン、ハレルヤ」と心の中で何回も唱えます。 アーメンとは、「その通りです」という意味です。 ハレルヤとは、「神の栄光をたたえます」という意味です。 行き詰まった時以外にも、この言葉を繰り返して唱えています。 苦境の時、早くその状況から抜け出したいわけですが、 今その状況にあることを「アーメン(その通りです)」と唱えることで、 どこかスッキリした気分になります。 そして