• 石川尚寛(Naohiro Ishikawa)

「悟りのバイト道」予約受付が始まりました

Amazonで予約受付が始まりました。

悟りのバイト道: バイト先の老人オーナーが、 引きこもりの17歳の男の子を悟りに導いた言葉 (MyISBN - デザインエッグ社)

Amazon.co.jpによる

詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/4815023662/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_wy-TFbENHB2KN

電子書籍Kindleでは、すでに出版しておりました。

今回、紙の本で出版させていただいたのは、

友人からまとめて買うので、紙の本を出して欲しいと、

本当かなと思うようなお話をいただいたのと、

他の読者の方々から、この「悟りのバイト道」を

何度も読み直していると直接のメール感想📩を寄せて頂いたこともあって、

この本を紙の本としても出版することにしました。

この本は、正法眼蔵随聞記をベースに作成しました。

正法眼蔵随聞記とは、永平寺の開祖道元の学風を慕って参じた懐奘が,

日々の師の言葉を録して成った書

禅の教えの本なのですが、

この書をはじめて読んだ時に、

本当にわかりやすく道元の教えが書かれてあり、

これは現代でもそのまま使えるぞ、と思いました。

それで、現代の場面で、この正法眼蔵随聞記を

思春期で将来の進路に迷う17歳くらいの子に伝えるとしたら

どんな感じが良いかと思いながら、

この本「悟りのバイト道」を書きました。

原稿では100ページでしたが、

文字数で見ると、10ページくらいのボリュームで

文字の苦手な人が、想像力をはたらかせて読めるような感じで編集したつもりです。

(私自身が文字がなかなか頭に入らないタイプなので)

私自身は、旧約聖書の勉強をライフワークにしているのですが、

この本は仏教の書をベースにしています。

宗教の本ではなく、老人と少年との対話の本です。

そこに流れているものは、親心かもしれません。

御購読いただけたら幸甚です。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

冬場のソーラー発電

冬場のソーラー発電 前から欲しかったソーラーパネルを手に入れて 充電の様子を見ています。 私のパネルは、キャンプなので持ち運び用の、 折り畳み式のパネルで、全長2.5mで120Wの発電能力を持っています。 ちょっと高価な物なので、外に置き放しで、雨ざらしにしたくないので、 窓越しにぶら下げています。 ですから、発電力を充分には発揮出来ていないのですが、 それでもポータブル電源に着実に電気がたまって

断酒28日目、酒は麻薬

先日読んだ本「禁酒セラピー」アラン・カー著、 読むだけで酒がやめられるという本で、 精神力要らずという魔法のような本ですが、 昨日読み終えました。最後まで読む前に、 酒を飲む気が失せました。 これまで何度も断酒をしたことがありましたが、 酒から自由になった解放感や喜びはありませんでした。 今回、これまでの一時的な断酒とは全く違う感じがするのは、 酒の支配からやっとで自由になれた喜びがあるからです。