• 石川尚寛(Naohiro Ishikawa)

ハレルヤ(ヘブライ語: הללויה‎‎、)は、ヘブライ語由来の言葉で、「ヤハウェをほめたたえよ」の意

ハレルヤヘブライ語: הללויה‎‎、)は、ヘブライ語由来の言葉で、「ヤハウェをほめたたえよ」の意

いろいろな瞑想法があります。その中で、マントラ瞑想というのが多く行われています。

マントラとは、インドで真言のことで、その言葉を唱えると神秘的な体験が得られるといったものです。

仏教の念仏や唱題も似たものだと思います。

私は、「ハレルヤ」を心の中で念じるように心がけています。

朝も、昼も、寝ながらも。

ハレルヤという言葉は、自分の利益を念じるものがないところが私は気に入っています。

自分のために唱える題目でも、念仏でも、マントラでもなく、

純粋にその言葉を念ずることが、ひたすら神をたたえることです。

その行為に集中することで、何か心の平和が得られるかもしれませんが、

それを目的にハレルヤをいうのではありません。

ハレルヤを言う目的は、神をたたえることだと私は思います。


最新記事

すべて表示

いつも大変お世話になり誠にありがとうございます。 この度、絵巻「出エジプト記」全11巻すべての第三版改訂が完了いたしました。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 この絵巻旧約聖書モーセ五書第二の書「出エジプト記」全11巻の構成は次の通りです。 旧約聖書「モーセ五書 出エジプト記」を誰にもわかりやすく、簡単に。 絵巻 旧約聖書 モーセ五書「出エジプト記」新版第1巻 シェモート Shemot(出エ

旧約聖書「モーセ五書」を誰にもわかりやすく、簡単に。 モーセ五書はとても難しいです。 しかし、毎回読むたびに新しい気づきや発見が得られる不思議な書だと思います。 ここに613の戒律を引用して記します。 戒律は613あります。(ウィキペディア 「613のミツワー」) https://ja.wikipedia.org/wiki/613のミツワー マイモニデスの列挙する613の戒律と聖典中のそれらの出所