top of page
  • 執筆者の写真石川尚寛(Naohiro Ishikawa)

ハレルヤ瞑想

どうして瞑想が必要なのかと考えますと、

特に普段は必要ないかもしれません。


しかし、自分を正常に保てない時は瞑想が役立つと思います。


正常に保てない時というのは、


体調が悪い時


気分がすぐれない時


眠れない時


苦痛な時


気持ちの衝動を抑えられない時


落ち着かない時


などなど


そんな時に、心が落ち着くことができれば正常に戻ることができるかも知れません。


私は、ハレルヤ瞑想をしています。


これは、両手では数を数えます。


ハレルヤと唱えながら、右手の指を折って


10数えたら、左手の指をおります。


左手は10ごと、右手は1ごと


ハレルヤの数を300唱えると、


左手は、グーとパーを3回繰り返します。


多分、300回は、5、6分で終わると思いますが、


気持ちの状態はかなり変わります。

Comments


bottom of page