• 石川尚寛(Naohiro Ishikawa)

おかげさまの安息日

今週も無事に安息日を迎えることができました。

主に感謝するしかありません。

今週は、7月13日の火曜日に、

絵巻旧約聖書モーセ五書「民数記」第九巻を

出版させていただくことが出来ました。

そして、その後は、最終巻である第十巻の制作に入ったのですが、

ようやく今日、見通しが立ってきました。

水木金と、見通しが立たず、夏バテ気味でしたが、

今さっき、神が民数記で告げられた、イスラエルの民の領土の境界について、

地図の作成のメドが立って、パソコン💻を閉じました。


今朝は、4時ごろに目が覚めて、4時40分頃から、

朝の日課をはじめました。


普段は、5時半頃からなのですが、

今日は気分がスッキリして、

自発的に開始しました。


三日前から、アレルギーを抑える抗ヒスタミン薬を

減らしていくことを決めたのですが、

昨日からは、不眠症の睡眠導入剤を減らそうと、

飲まずに寝ました。

昨年の秋から、寝る前に、ルネスタを一錠毎日飲んでいるのですが、


昨日は、はじめて、自発的に薬依存から抜けようと、

飲まずに寝ました。久しぶりに充実した睡眠が出来ました。


いつもは夜中に何度も目覚めて、明け方がボーッとしているのですが、

昨夜は、夜中は1回か2回だけでした。


明け方も、気持ちよくスッキリしていて、

毎朝の将棋は、いつも負けているのに、今日は快勝でした。


主のお導きを感じてなりません。

今夜も、眠剤なしの睡眠にチャレンジしてみます。

最新記事

すべて表示

私の眠り方 数珠を使って「アーメン、ハレルヤ」 私は寝つきが良くありません。睡眠導入剤をなるべく使わないようにしていますが、 頭がさえて眠れそうにないと思った時は、睡眠導入剤を使います。 しかし、薬を飲んですぐに眠れるかというと、これが結構難しく、 薬に慣れてしまうと、浅い眠りで何時間も過ごす事が逆に苦痛に感じたりもします。 そこで私は、指で数を数えるように「アーメン、ハレルヤ」を唱えるようにしま

旧約聖書「モーセ五書」を誰にもわかりやすく簡単に モーセ五書はとても難しいです。 しかし、毎回読むたびに新しい気づきや発見が得られる不思議な書だと思います。 ここに613の戒律を引用して記します。 戒律は613あります。(ウィキペディア 「613のミツワー」) https://ja.wikipedia.org/wiki/613のミツワー マイモニデスの列挙する613の戒律と聖典中のそれらの出所:

私は、行き詰まった時に、「アーメン、ハレルヤ」と心の中で何回も唱えます。 アーメンとは、「その通りです」という意味です。 ハレルヤとは、「神の栄光をたたえます」という意味です。 行き詰まった時以外にも、この言葉を繰り返して唱えています。 苦境の時、早くその状況から抜け出したいわけですが、 今その状況にあることを「アーメン(その通りです)」と唱えることで、 どこかスッキリした気分になります。 そして