• 石川尚寛(Naohiro Ishikawa)

「共生法」入門(共生の課題解決法): みんなが良くなる問題解決のやり方です!

「共生法」入門(共生の課題解決法): みんなが良くなる問題解決のやり方です! 奪い合いから、みんなが良くなる解決方法の出し方 いがみあいから、みんなが微笑むGOOD!プランの作り方


https://amazon.jp/dp/B07G6Q4MPJ


こんな問題を抱えている方に適しています。

・問題解決、課題解決の具体的な手順を知らない

・自分だけでなく、みんなが良くなる解決の仕方を考えたい

・もっとシンプルでみんなが納得する解決方法を考えたい

解決には、公式があると便利です。

本書では、課題解決の公式に基づいて、解決方法を具体的に示しています。

簡単な会社の課題解決の事例で解説を行っていますが、

日常生活や社会の問題解決にも十分応用できます。

「共生法」は、自分一人から、数万人、数億人の問題、課題まで、活用できる解決方法です。

「共生法」は利己主義的な問題解決と質が違います。全体最適、相互成長を実現する解決方法です。

会社の課題解決の事例で解説していますが、

この解決方法は、本来、世界人類の恒久平和の実現と幸福のために研究開発されました。

本書では、基本的な考え方と、明日から始める具体的な方法について書いています。

目次p

第1章 『課題』とは?

第2章 『行動』とは?

第3章 具体例から考える日頃の課題解決のパターン

第4章 目標と現実のギャップにのみ着目しない

第5章「共生法」の考え方

第6章「共生法」の具体的実践



https://amazon.jp/dp/B07G6Q4MPJ

最新記事

すべて表示

私の眠り方 数珠を使って「アーメン、ハレルヤ」 私は寝つきが良くありません。睡眠導入剤をなるべく使わないようにしていますが、 頭がさえて眠れそうにないと思った時は、睡眠導入剤を使います。 しかし、薬を飲んですぐに眠れるかというと、これが結構難しく、 薬に慣れてしまうと、浅い眠りで何時間も過ごす事が逆に苦痛に感じたりもします。 そこで私は、指で数を数えるように「アーメン、ハレルヤ」を唱えるようにしま

旧約聖書「モーセ五書」を誰にもわかりやすく簡単に モーセ五書はとても難しいです。 しかし、毎回読むたびに新しい気づきや発見が得られる不思議な書だと思います。 ここに613の戒律を引用して記します。 戒律は613あります。(ウィキペディア 「613のミツワー」) https://ja.wikipedia.org/wiki/613のミツワー マイモニデスの列挙する613の戒律と聖典中のそれらの出所:

私は、行き詰まった時に、「アーメン、ハレルヤ」と心の中で何回も唱えます。 アーメンとは、「その通りです」という意味です。 ハレルヤとは、「神の栄光をたたえます」という意味です。 行き詰まった時以外にも、この言葉を繰り返して唱えています。 苦境の時、早くその状況から抜け出したいわけですが、 今その状況にあることを「アーメン(その通りです)」と唱えることで、 どこかスッキリした気分になります。 そして