共生の祈り.jpg

共生の祈り第1版(日本語版): みんなの平和と幸福を祈る詩

 

著者は永遠の祈りの光を想像しました。 この本には48の慈悲の祈りがあります。

著者は世界の永遠の幸福と永遠の平和を追求しています。

著者は、読者がこの本を読み、永遠の祈りの光を想像することを勧めます。

読者は深い想像力を通して憐れみの光を感じることができます。 そしてもちろん、読者は慈悲の光を輝かせるでしょう。

 

https://amazon.jp/dp/B07H3V9N1N

 

1.対象者

  • 世界人類の恒久平和を実現させたい方

  • 世界人類の恒久幸福を実現させたい方

2.狙い

  • 自由と平等の実現

  • 戦争をなくす、平和の実現

  • 永遠の幸福の実現

3.内容

  • 永遠光とは

  • 永遠光の48の祈願の詩

4.    目次

永遠光とは

第一 祈りのうた「差別と戦争をなくす」

第二 祈りのうた「悪のはたらきを消す」

第三 祈りのうた「平等と自由の実現」

第四 祈りのうた「宿命を知る」

第五 祈りのうた「天国(浄土)へいく」

第六 祈りのうた「神の恩恵に気づく」

第七 祈りのうた「雅の心を持つ」

第八 祈りのうた「全員の完全救済」

第九 祈りのうた「貪りがなくなる」

第十 祈りのうた「悟りと涅槃(ねはん)」

第十一 祈りのうた「天国決定がわかる」

第十二 祈りのうた「永遠の幸福を得る」

第十三 祈りのうた「永遠の光を得る」

第十四 祈りのうた「永遠の寿命を得る」

第十五 祈りのうた「姿勢が丁寧になる」

第十六 祈りのうた「神の許しがある」

第十七 祈りのうた「救いを信じて祈る」

第十八 祈りのうた「助けてというものをすべて救う」

第十九 祈りのうた「臨終の時に、目の前に現れて救う」

第二十 祈りのうた「平和の祈りをする」

第二十一 祈りのうた「心がきれいになる」

第二十二 祈りのうた「最高の往生をする」

第二十三 祈りのうた「神を称え、神の存在に気づく」

第二十四 祈りのうた「限りない雅の心が実る」

第二十五 祈りのうた「雅の言葉を話す」

第二十六 祈りのうた「永遠、最高の見目形を得る」

第二十七 祈りのうた「清らかになる」

第二十八 祈りのうた「輝くものになる」

第二十九 祈りのうた「永遠の光になる」

第三十 祈りのうた「真実を理解表現できるようになる」

第三十一 祈りのうた「智慧がこの上なく伸びる」

第三十二 祈りのうた「地の穢れを祓いきる」

第三十三 祈りのうた「利他の精神を得る」

第三十四 祈りのうた「夢と希望を持つ」

第三十五 祈りのうた「他人をすべて許す」

第三十六 祈りのうた「怒りが消える」

第三十七 祈りのうた「わがままを慎む心が出来る」

第三十八 祈りのうた「好きな衣服を着る」

第三十九 祈りのうた「至高の楽を得る」

第四十 祈りのうた「死ぬ前に神の国々を見る」

第四十一 祈りのうた「祈りの効果に気づく」

第四十二 祈りのうた「平和と幸福を獲得し確定する」

第四十三 祈りのうた「転生は天国と安堵する」

第四十四 祈りのうた「貧富の格差が解消し分かち合う」

第四十五 祈りのうた「評価を気にせず生きる」

第四十六 祈りのうた「神の声が素直な心に届く」

第四十七 祈りのうた「いじめを失くす」

第四十八 祈りのうた「真実の祈りの姿が見える」

6.終章

 

https://amazon.jp/dp/B07H3V9N1N