アミダ老師の悟りの営業道随聞録.jpg

アミダ老師の「悟りの営業道」随聞録:

世界一過酷と言われるアミダ老師の営業道場。

老師が、さまよえる弟子の営業担当者をトップへ導くために行った説法集

https://amazon.jp/dp/B07GF7GH1Q

本書の内容紹介

1    対象者

営業の精神を知りたい方

 

2    狙い

①    営業に対する迷いの解消

②    現状打破

③    トップセールスへの変身

 

3    内容

①    営業道とは

②    営業道「4つの真理」

③    老師からトップを目指す営業担当者への説法

 

3.    目次

1.    本書のタイトルとサブタイトル

2.    本書の内容紹介

3.    目次

4.    営業道

5.    営業道「4つの真理」

6.    営業の苦しみ(営業道 真理一)

7.    営業の苦しみの原因(営業道 真理二)

8.    営業の苦しみは解決することができる (営業道 真理三)

9.    営業の苦しみを解決する道がある (営業道 真理四)

10.    営業道の姿勢

11.    恥じるなら明眼の人を恥ずべし

12.    私には営業力がない・・・いつ営業する

13.    自利利他のためにあれば言うべし

14.    ひたむきに営業すべきなり

15.    百聞は一見にしかず

16.    邪心を捨てるべし

17.    後日を待って営業しようと思うことなかれ

18.    その道に飛び込むと竜となる

19.    不誠実に応えず

20.    確かなことを言い、確かなことを行う

21.    自らをふりかえり見るなり

22.    自我を立てて聞くべからず

23.    雑事を捨て、営業に専心すべし

24.    腑に落ちるまで、何度も聞くべし

25.    理想の上司先輩も、皆もとは凡夫なり

26.    苦情は心身を清めて聞く

27.    無心で営業を工夫すること

28.    その職場の営業に専心する

29.    ひとつのことに専心し成し遂げる

30.    自分勝手な営業観を改める

31.    ひた向きに思い切って営業してみよ

32.    無闇に自分を卑下するなかれ

33.    内心と行動を一致させよ

34.    心をととのえて、よいことを行う

35.    成果が出ても慢心すべからず

36.    人目を忘れ、ただひた向きに営業する

37.    徳なくして尊敬されてはいけない

38.    もの知りと知られるのは無用

39.    喜びを求める志と無常を思うべきなり

40.    朝に道を聞かば、夕に死とも可なり

41.    鈍根とは、志の不徹底な時なり

42.    立場を行い、立場の働きをするべき

43.    さぼりの心を打つべし

44.    終章

https://amazon.jp/dp/B07GF7GH1Q